ノーリフトとは

ノーリフティングポリシー(No Lifting Policy)の事で、1998年にオーストラリアビクトリア州看護連盟が「押さない・引かない・持ち上げない・ねじらない・運ばない」を打ち出したことに始まります。

日本では2008年ごろからノーリフトの活動を開始しました。

2013年には厚生労働省が「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、適用対象を福祉・医療分野等における介護・看護作業全般に広げました。原則として人力による抱上げは行わせないことなど、腰に負担の少ない介護・介助法などを加えています。詳しい内容は厚生労働省のHPでご覧いただけます。

私たちはケアのプロとして、腰痛リスクを背負いながら働くこと、利用者に負担をかけていることを仕方がないとあきらめるのではなく、その予防と対策を実施しなければいけません。

ノーリフトはケアを行う人の腰痛予防対策だけではありません。ケアを受ける人の「安全」・「安心」・「安楽(負担軽減)」のためであると私たちは考えています。

大翔会の『ノーリフトケア

スタンディングリフト・床走行リフト・スライディングシート・スライディンググローブ等を活用し、職員の技術や個人差に左右されない「均一で安全な介護」を行っています。ゆっくりとしたサポートと職員の腰痛予防、介護を受ける方の拘縮予防にもつながります。

大翔会が使用している福祉機器及び福祉用具


大翔会が実践しているノーリフトの動画



ノーリフティングポリシーである『持ち上げない・運ばない・押さない引かない・ねじらないを実践しています。

当法人は日本ノーリフト協会に加盟しています

ベーシック研修・アドバンス研修を全職員対象に、神戸・北九州にて受講しています。法人独自の資格制度を設け「ノーリフト基礎資格Ⅰ」として全職員対象に試験が始まりました。

ノーリフト委員会にて「ノーリフトケアカンファレンス」「リフト・シートの活用事例検討会」「腰痛調査」「ポジショニングや身体状況の改善事例報告」等を行い、利用者に対する有効性、スタッフのプロ意識の向上に役立てています。

『大翔会ノーリフトケアセミナー』の開催

日本ノーリフト協会 代表理事 保田淳子先生

 

 

 

 

 

年に1回、ノーリフトケアセミナーを11月に開催しています。県内外より100名以上の方が参加されました。皆さんのノーリフト導入への関心が高まっています。

 

 

 

 

 

メディア掲載

「ノーリフティングケア 抱え上げない介護」がテレビで紹介されました

ノーリフトの利点・スタッフの声
  • ・スタッフの「ヨイショー!」という掛け声がない! 
  • ・スタッフの腰痛予防への関心が高まっている
  • ・スタッフのモチベーションがあがっている
  • ・入浴やトイレ介助が負担なく1人でできる
  • ・双方の転倒・転落・移乗時のケガのリスクがほとんどない
  • ・介助時、利用者が力んでいない
    (スタッフの力みが利用者に伝わらず、点ではなく面で支えるため
    拘縮リスクが減少)
  • ・離床が容易に促せる
  • ・利用者の表情が良く分かる
  • ・移乗中も笑顔で会話できる
  • ・ポジショニングが決まりやすい
  • ・抱える介助には、もう戻れません
  • ・取り組みが楽しい
  • ・他施設から凄いねと言われた

など、ポジティブな意見が多数寄せられています。

人材不足や腰痛などの労災を理由に、介護職員の数が減少すればケアの質も低下します。
ケアの質の向上に向けて、根性論ではなく現実的に根拠を持ってその質の向上に取り組まなければなりません。
利用者の尊厳や人権を守り、痛い、つらい思いをさせない。精神的、身体的負担軽減に取り組めるよう、まずはスタッフが笑顔で働ける環境を作る。
その一つを担うのがノーリフトへの取り組みと、私達は考えます。

 

※ノーリフト/ノーリフトケアは日本ノーリフト協会の商標登録用語です。